賃貸を探す為のコツとは?

賃貸物件で価格などを交渉するコツは?

賃貸物件で価格などを交渉するコツは?

賃貸物件で大家さん側に何かしらの交渉をしたことがある人はいるでしょうか。
賃料をもう少し下げてほしい、設備を新しいものに変えてほしいなど、希望はあってもなかなか言いづらいと感じている人も少なくないでしょう。
しかし、交渉をしたからといって退去させられるなどといったことはないので、もし本当に希望がある場合は一度伝えてみることをおすすめします。
その際、ちょっとしたコツが必要になります。
一番多い交渉ごとと言えば、家賃の値下げに関することでしょう。
この場合、大家さんとしてはできるだけ家賃を下げたくないところなので、やみくもに希望を伝えるだけではなかなか値下げは難しいでしょう。
そんなときは築年数や駅からの距離、間取りなどが似ている物件で今住んでいるところより安い賃貸が複数あるようであれば、 具体的に相場を調べた上で交渉するようにすると効果的です。
複数の物件を引き合いに出すことで、今現状の家賃相場が高いことを伝えることができます。
また、設備に関してもどこをどのように改善してほしいのかを明確に伝えるようにしましょう。

賃貸契約の基本的な流れについて

不動産会社やインターネットで賃貸物件を探し、良い物件が見つかったら契約になるわけですが、必ずしも契約できるとは限りません。
そこで、賃貸契約の基本的な流れについてご紹介したいと思います。
住みたい物件が決まったら、まずは申込書に記入し入居審査が行われます。
申込書は氏名や住所などの基本的な項目の他に、勤務先や年収などの項目も必要になります。
賃主や管理会社で審査後1から3日ほどで結果がわかります。
入居審査が通ると契約の流れへ進みます。
契約日を確定させたら、重要事項説明、契約書の提出を行います。
契約書とあわせて必要書類も提出します。
一般的には住民票、連帯保証人の印鑑証明などが必要になります。
その後契約金を入金し、契約手続きは終了します。
その後は入居の準備です。
電気、ガス、水道などのライフラインの手続き、役所や住所変更などの各種届出も忘れずに行います。
入居日に鍵の引き渡しを行い、無事入居ということになります。

新着情報

◎2023/03/02

情報を更新しました。
>賃貸アパートを借りる女性は防犯設備を確認することは重要です
>ペットとの同居ができる賃貸物件の選び方と注意点
>こだわり条件で賃貸物件を探したい方は専門の情報サイトを
>賃貸住宅では一般的に敷金が必要になります
>賃貸の仲介手数料の額は家賃に応じて決まる

◎2017/11/30

耐震工事済みの賃貸
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

後悔しないための賃貸選び
の情報を更新しました。

「賃貸 交渉」
に関連するツイート
Twitter

返信先:別世帯の安定収入のある人しか保証人になれないことがあります 保証会社を利用するケースも増えていますが、保証会社の利用が必須なのに保証人も必須という場合もあり、有料の保証会社の意味がわからないことも... 借金はともかく、賃貸や奨学金なら交渉の余地が...ある方がいらっしゃいますように

マドリードの賃貸事情: 夏(7-8月末)が最も賃貸が埋まらないので、多くがこの期間は数万円家賃を下げて、9月以降通常価格に戻す、という形で広告を出してる。 オーナーは安くても入居者を探したいようなので、物件探し早めにして「8月から入居する」とか伝えると9月以降の家賃も多少交渉できそうな様子

そういえば、家の賃貸契約の審査通ったとのこと。 家賃をダメ元で価格交渉してもらってるのと、諸々維持についての質問を貸主さんに聞いてもらってるので、それが理由で相手方から断られなければ来月引越しになるかと。 長い戦い、本当に終わるのか。

返信先:駐車場の場所などにもよりますが、賃貸のオーナーに退去時現状復帰を原則に200Vコンセントの取付けを交渉してみては如何でしょうか?

民泊可能な賃貸物件があまりに見つからないので一度民泊利用を否定された中でも特に魅力的な戸建に家賃割増で借りられないか再交渉。 これならオーナーにもメリットがあるはず。